未分類

クラウドWiFiとwimaxを「徹底比較」元販売員としてのそれぞれの特徴を伝えます

更新日:

こんな人に書いてます

  • ポケットWiFi欲しいけどどれが自分に向いているか分からない!
  • それぞれ強みと弱みがよくわからない!

2つともポケットWiFiとして同じジャンルに属していますが、いざ使うとなった時はどこか違うのかよく分からないですよね。そこで今回はこの2つを比較してみてそれぞれのメリットと弱点をお伝えして、自分に合っているポケットWiFiを選んで下さい。

 

汎用性が圧倒的なクラウドWiFiの特徴

大容量のデータを使える

最近はYouTube、など動画サービスなどを使う人が増えてきていますよね。

そこでこの記事を見ている方に質問ですが、YouTubeを1時間で見るとどれくらいのギガが消費されるか知ってますか?

正解は「約2GB」です。

通勤時間や車の中でちょこちょこ見ていたら、スマホのギガならすぐ使い切ってしまいそうですよね。

クラウドWiFiでは月に100GBまで使えるものが多いので、通勤時間ならガンガン動画を見ても安心です。

たくさんのクラウドWiFi会社の中では、なんと月に200GBまで使えるプランもあるので、家の固定回線が要らないなんでことも可能です。

 

エリアが広い

日本でスマホを利用している方はdocomo、au、softbank、楽天の4大通信会社のどこかの回線を利用しています。

これはmineoなどの格安SIMでも変わらないです。

普通は上に書いたどれかの回線しか使えませんがクラウドWiFiは「全部」使えます!

なので、地方などでの速度よりもつながるかどうかが大事な方にはおすすめです。

 

認知度が高いwimax

速度が速い

クラウド回線がスマホのモバイル回線を利用しているのに対して、wimaxは独自の回線を提供しています。

最新の規格である「wimax2+」では理論値で1Gbpsと言われています。モバイル回線との速度の差は約2倍あります。

都会に住んでいたり、スマホでオンラインゲームをよくしますなどであればおすすめします。

 

 

クラウドWiFi VS wimaxの徹底比較

エリア

「持っていてつながるのか?」

これを考える人は多いのでは無いでしょうか? せっかく使ってみようと思っても使いたい所で使えないとイライラしますよね?

クラウドWiFiは上にも書いている通り、docomo、au、softbankの回線全て使うことができます。その場所に応じた一番強い電波を拾ってくれるので、ポケットWiFiのメリットである「どこでも使える」を存分に活かせるWiFiですね。

実際僕も地方に営業をする時に利用していましたが、クラウドWiFiを利用して繋がりにくかったのが高速のトンネルぐらいで、後は快適に使えていました。

逆に出張先のホテルのWiFiの方が遅いぐらいですね笑

 

通信速度

独自の高速回線を使っているWimaxの方がクラウドWiFiより少し速いです。

ただし弱点もあります。

  • 高速回線を使えるエリアが都会限定
  • 電波が障害物に弱いので、高層階のビルや地下街は繋がりにくい

都会において地下が繋がりにくいというのがかなりキツいです。

通信データ容量

1GB=2時間

クラウドWiFiは月に使える100GBという大容量のものが多いです。中には200GBなんてものもあります。

Wimaxは無制限と言っているのですが、実質は3日に10GBという日で制限がかけられています。

 

料金

 

サポート

 

キャンペーン

 

まとめ

 

 

-未分類

Copyright© ボッチステップジャンプ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.